ホーム安全対策
安全対策

平成29年度 第6回安全管理対策会議の実施
2017年9月29日
平成29年9月29日

「平成29年度第6回安全管理対策会議」を経営トップ、グループ会社の役職員、乗組員が一堂に会し開催しました。
冒頭、有村社長から『来月には、1万トン級のRORO貨物船「琉球エキスプレス5」が東京〜志布志〜那覇航路に就航するという慶事が待っているが、こういう時に往々にして心に隙が生じやすい。さらに気を引き締め、全社一丸となって安全運航に万全を期してもらいたい。』との訓辞がありました。

 

平成29年度 第5回安全管理対策会議の実施
2017年8月23日
平成29年8月23日

「平成29年度第5回安全管理対策会議」を経営トップ、グループ会社の役職員、乗組員が一堂に会し開催しました。
冒頭、有村社長から「先日、グループ会社のトラックとバイクが接触し、バイクの運転手が死亡する事故が発生した。自分の正当性を主張することに加え、安全運転にも繋がるので、営業車には必ずドライブレコーダーを設置するように。マイカーにも可能な限りドライブレコーダーを設置して事故防止に万全を期して貰いたい。」との訓辞がありました。

 

平成29年度 第4回安全管理対策会議の実施
2017年7月27日
平成29年7月27日

「平成29年度第4回安全管理対策会議」を経営トップ、グループ会社の役職員、乗組員が一堂に会し開催しました。
冒頭、有村社長から「乗組員と荷役作業員の労災事故が相次いで発生した。暑さも厳しくなっており、注意力が散漫し、気の緩みも生じているので、事故の連鎖をストップするためにも注意喚起を徹底して事故防止に努めて貰いたい。」との訓辞がありました。

 

夏季安全総点検の実施
2017年7月3日
平成29年7月3日

国土交通省九州運輸局では、毎年、レジャーや帰省などで輸送需要が増加する夏場を控え、この時期に旅客フェリー等の安全運航に万全を期し、事故の未然防止を図る目的で「夏季安全総点検」を実施されています。

平成29年度の総点検は、7月3日から7月12日までの10日間実施されますが、その初日に当たる7月3日に鹿児島新港停泊中の「フェリー波之上」に九州運輸局鹿児島運輸支局及び鹿児島海上保安部の係官18名による立入点検が行われ、マルエーフェリーの社長以下役職員及び乗組員合計40名が参加しました。

冒頭、運輸支局長から「本日の点検を機に経営トップから現場職員まで、一丸となり更なる安全運航に万全を期してもらいたい」との挨拶に始まり、船長から自主点検結果の聴取、救助艇の降下訓練、安全・救命設備や標識の確認、救命胴衣の保管状況及び着用方法の実演を確認され、海上保安部長から「点検した結果、異常はなかった。安全に絶対はないので、基本に忠実に取り組むように」との講評を受け、最後に有村社長から御礼の挨拶を行い終了しました。

当社では、夏季安全総点検期間中、鹿児島〜沖縄航路、神戸〜那覇航路の旅客フェリー3隻と東京〜那覇航路のRORO貨物船2隻に船舶本部の専門職員等が現地に出向き、支店等の役職員と合同の点検を行い、安全運航に万全を期すこととしております。

a-line_security_20170703153354_a342_img_2776.jpg
クリックして拡大
 

平成29年度 第3回安全管理対策会議の実施
2017年6月23日
平成29年6月23日

「平成29年度第3回安全管理対策会議」を経営トップ、グループ会社の役職員、乗組員が一堂に会し開催しました。
冒頭、有村社長から「各セクション毎に、この1年間の安全管理に関する取組状況の自己検証を行い、更なるレベルアップが図れるよう徹底して貰いたい。」との訓辞がありました。