ホームニュース
ニュース

「大阪南港 バース移転のお知らせ」
2018年3月29日
 弊社阪神航路(神戸−大阪−志布志−名瀬−那覇)の大阪のバースが、平成30年4月よりA−7バースに移転することとなりましたのでご案内申し上げます。
 移転に際しまして、皆様にはご不便をおかけすることもあるかと存じますが、ご理解・ご協力賜りますようお願いいたします。

新バース:A−7バース(大阪市住之江区南港南3丁目9-15)

移転予定日:平成30年4月2日 「琉球エキスプレス2」入港より

お問い合わせ:マルエーフェリー鞄港事務所
       大阪市住之江区南港南3丁目9-15(日本通運内)
       TEL:06-6569-8399
       FAX:06-6569-8398

 

屋久島寄港の寄港条件引き下げについて
2018年3月22日
拝啓 時下、益々ご清祥のこととお慶びを申し上げます。
 今月4日から、弊社は鹿児島航路(鹿児島〜奄美群島〜沖縄)に就航している「フェリー波之上」上り便の屋久島寄港を開始いたしましたが、このたび寄港条件の引き下げを決定しましたので報告致します。
                                                      
1.現在の屋久島寄港の条件について
 運航日の10日前までに20名以上の予約がある場合に屋久島に寄港しております。(運航日の10日前の時点で予約の人数が20名に満たない場合は、屋久島に寄港せず奄美大島から鹿児島へ直航いたします。)
 また乗船には事前の予約が必須となります。

2.新たな屋久島寄港の条件について
 運航日の4日前までに2名以上の予約がある場合に屋久島へ寄港いたします。
(運航日の4日前の時点で予約の人数が2名に満たない場合は、屋久島に寄港せず奄美大島から鹿児島へ直航いたします。)
また乗船には事前の予約が必須となります。

3.実施時期
 4月1日(日)の那覇出港(翌2日に屋久島入港)の便から適用いたします。

4.寄港条件の引き下げに至った経緯
 鹿児島県及び地元市町村において、平成30年度、屋久島寄港に対する運航支援が予定されています。当社としては鹿児島県や地元市町村のサポートや期待を受け、より多くのお客さまに乗船いただきたいという思いから、今回の寄港条件引き下げという判断に至りました。

5.3月の屋久島寄港の運航状況について
 参考までに3月の屋久島寄港便の状況をお知らせします。
 4日:寄港あり(22名)、 8日:寄港なし(6名)
12日:寄港なし( 0名)、16日:寄港あり(23名)
20日:寄港あり(20名)、24日:寄港なし(8名)
28日:寄港あり(21名)

6.その他
上記寄港条件等の各種案件は九州運輸局の承認及び認可済みです。


 弊社と致しましては、寄港条件の引き下げを通じて多くのお客さまに当社の屋久島寄港をご利用いただくとともに、乗船いただいたお客さまに安心・安全・快適な船旅を提供し、地域に貢献していく所存でございます。

 

フェリーあまみドック(入渠)案内
2018年3月20日
平素より鹿児島〜喜界〜知名航路をご利用頂き誠にありがとうございます。
平成30年4月9日(月)から16日(月)の間、「フェリーあまみ」が中間検査のため、ドック(入渠)いたします。
上記の期間、運航スケジュールが変更となります。
ご乗船の場合は、お間違えのないようご確認の上ご利用下さい。

奄美海運
099−222−2338(平日9時から16時30分)
※12時から13時を除く。


「フェリーあまみ」ドック期間中の「フェリーきかい」運航スケジュールの確認はこちら

 

【鹿児島新港での見送りのお客様へのご案内】
2018年3月14日
 例年、3月下旬〜4月上旬にかけて鹿児島新港ターミナルにおいて、奄美地区へ転出される方々のお見送りの為、大変混雑が予想されます。

 通常、鹿児島新港ではトラックやフォークリフトによるフェリーへの貨物の積込作業や自動車航送(有人車・無人車)の積込作業が行われており、岸壁は非常に危険なため、危険を防止する観点から、関係者以外の立ち入りを禁止しております。

この時期におきましては毎年多くのお客様がお見送りに来られることが予想され鹿児島県より要請を受けて平成30年3月30日(金)〜4月1日(日)の3日間に限り岸壁でのお見送りが可能となります。

【鹿児島新港での見送りのお客様へ】
@ 3月30日〜4月1日の3日間以外は、岸壁への立ち入りは禁止となっております。

A 船への横断幕設置は先着順となり、船へは16時45分に案内致します。ご希望の方は当日の16時40分迄にボーディングブリッジ入口付近を先頭にお並びください。
尚、各グループ代表(4名まで)の方を船内に案内致しますが、その際は紙テープの持ち込みはご遠慮下さい。
※3月30日(金)・4月1日(日)の2日間のみ対応致します。
  
B 岸壁への誘導は荷役終了次第(17:30以降)になります。案内があるまではターミナル内でお待ちください。準備が出来次第、館内アナウンスにてご案内致します。
その際は係員の指示に従うようにお願致します。尚、荷役の状況次第では、岸壁での見送り時間が短くなる可能性もございますのでご了承ください。

C 紙テープは、見送られる方が船内に持込みご準備頂きますようお願い致します。

D お見送りの方は、ボーディングブリッジ及び船内への立ち入りは出来ません。

E お車でのご来場の場合は、お見送り専用の臨時駐車場をご利用下さい。(路上駐車は行わないで下さい。)

皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。
詳しくは、県のHPをご覧下さい。
https://www.pref.kagoshima.jp/ah09/infra/port/kanri/29miokuri.html

 

【各離島港での見送りのお客様へのご案内】
2018年3月14日
@ 荷役中の岸壁は大変危険となっております。
その為、岸壁内での見送りは当社海運代理店職員の指示に従って行動をお願い致します。

A 有人車の乗船は、代理人では無くご本人様にて対応頂きますようお願い致します。

B お見送りの方は、船内への乗船は出来ませんのでご了承ください。

C 紙テープを設置するための乗船、及び手荷物を運ぶための乗船もご遠慮ください。

 

3月の屋久島寄港について
2018年2月16日
【寄港予定便】(屋久島入港は翌朝04:40です。)
3月4日(日)、8日(木)、12日(月)、16日(金)、20日(火)、24日(土)、28日(水)

〇寄港確定便(20名以上の予約)2月16日現在: 3月4日(日)

【屋久島寄港条件】
・運航日の10日前に20名以上の予約がある場合に限ります。(完全予約制)
・20名の予約が無い場合は屋久島に寄港せず鹿児島へ直航いたします。

※この寄港は、国土交通省の旅客船事業に係る特例措置(船旅活性化モデル地区における旅客船事業の運用弾力化)を活用して実施するものでおり、寄港条件を満たした場合に屋久島に寄港します。
・近日中にホームページで予約状況・運航状況(屋久島寄港便・鹿児島直航便)をご案内いたします。
・なお、運賃につきましては2月1日掲載のニュースでご案内しております。

 

3月4日(日)鹿児島マラソン開催に伴う交通規制
2018年2月16日
3月4日(日)「フェリーあけぼの」鹿児島新港出港時は鹿児島マラソン開催に伴い、周辺道路が交通規制になっております。
午前8時から9時30分の間は鹿児島新港の出入りができませんのでご了承下さい。
また、午後以降も市街地のいたる所で交通規制が行われますので乗船されるお客様は余裕を持って鹿児島新港にお越しください。

http://www.aline-ferry.com/image/news/2018/kisei_kouiki.pdf
http://www.aline-ferry.com/image/news/2018/kisei_shousai.pdf

 

内航RORO式一般貨物船の名古屋就航のご案内
2018年2月9日
弊社は、東京航路に就航中の「琉球エキスプレス3」及び「琉球エキスプレス5」の下り便を、下記に拠り名古屋港に寄港することになりましたのでご案内申し上げます。

1.事業の概要
東京航路(東京〜志布志(鹿児島県)〜沖縄)に就航しているRORO式一般貨物船の「琉球エキスプレス3」と「琉球エキスプレス5」の東京発の下り便が、2月9日(金)より毎週金曜日に名古屋港金城ふ頭に寄港いたします。名古屋港への入港は8時、出港は11時です。

2.事業の目的
名古屋港から沖縄への定期航路のサービスをお客さまに提供すること、中部圏と南九州間の貨物輸送に海上ルートという新たな選択肢を提供し、ドライバーの人員不足や労働時間の遵守あるいはCO2の削減という課題解決に積極的に貢献していくことを趣旨としております。
弊社の既存の阪神航路(大阪〜神戸〜志布志〜名瀬(奄美大島)〜沖縄)と合わせ、志布志をハブ(中心)にした新たな海上貨物輸送サービスの提供を行ってまいります。

3.名古屋営業所の設立
名古屋就航に合わせ、1月より名古屋に営業所を開設しております。貨物輸送や配船スケジュール等のお問い合わせは下記までお願いいたします。

マルエーフェリー梶@名古屋営業所
住所:〒455-0032 愛知県名古屋市港区入船一丁目2番22号
TEL:052-304-9600 FAX:052-304-9601

弊社と致しましては、当事業の実施に拠り、今まで以上に、多くの荷主各位からお預かりした大切な貨物を、安全・迅速・確実に目的地まで運送することによって、地域経済の振興・発展に貢献して参ります。

 

屋久島寄港の運賃について(3月限定キャンペーン価格のご案内)
2018年2月1日
 昨年12月に、弊社は鹿児島航路(鹿児島〜奄美群島〜沖縄)に就航している「フェリー波之上」上り便の屋久島寄港を発表いたしましたが、このたび奄美大島から屋久島までの運賃が決まりましたので、3月限定のキャンペーン価格と合わせてご報告致します。

1.運賃について
奄美大島(名瀬)から屋久島(宮之浦)行の2等和室運賃は以下の通りです。
大人運賃:8,050円 小人運賃:4,030円

2等寝台以上のお部屋は上記運賃に以下の料金を加算した金額になります。
特等料金:12,080円  1等料金:8,050円
寝台料金A:4,530円  寝台料金B:2,050円
 
亀徳港(徳之島)以南の寄港地から屋久島行の運賃に関しては、名瀬港までの乗船運賃に上記運賃を加算した金額になります。

2.割引について
 屋久島行の運賃に関しては、各種割引の適用はございません。
(身体障がい者割引を除く。身体障がい者割引適用運賃は大人4,030円になります。)

3.キャンペーン価格について
 屋久島寄港を記念し、3月限定の割引を実施します。奄美から屋久島行の2等和室運賃は以下の通りになります。
大人運賃:4,050円
小人運賃、身体障がい者割引適用の運賃は4,030円のままです。
また2等寝台以上の加算料金に関しては変更ございません。

4.キャンペーン価格の実施時期について
 3月中の奄美から屋久島行の便になります。具体的には次の奄美発の便が該当します。
3月4日(日)、8日(木)、12日(月)、16日(金)、20日(火)、24日(土)、28日(水)
なお4月以降は通常の運賃(大人8,050円)に戻ります。

5.その他
 上記運賃等の各種案件は全て認可申請及び届け出済みです。

 弊社と致しましては、3月限定のキャンペーンを通じて多くのお客さまに当社の屋久島寄港をご利用いただくとともに、乗船いただいたお客さまに安心・安全・快適な船旅を提供し、何度でも足を運んでもらえるよう努める所存でございます。

 

フェリーきかいドック(入渠)案内
2018年2月1日
平素より鹿児島〜喜界〜知名航路をご利用頂き誠にありがとうございます。
平成30年2月12日(月)から17日(金)の間、「フェリーきかい」が中間検査のため、ドック(入渠)いたします。
上記の期間、運航スケジュールが変更となります。
ご乗船の場合は、お間違えのないようご確認の上ご利用下さい。

奄美海運 お問い合わせ先:099−222−2338
(平日9時から16時30分)※12時から13時を除く。


「フェリーきかい」ドック期間中の「フェリーあまみ」運航スケジュールの確認はこちら